分析の会議

土地の価値

投資対象としてのアパートに求める条件は何か

アパート経営はインフレに強い投資対象として、特にアベノミクスによるインフレターゲットが示される中においては、魅力が増してきているもののひとつです。
サラリーマンなどにとっては、アパートへの投資というのは実感がわかないかもしれませんが、インフレ環境下で自分の資産を防衛するという観点からも、アパートへの投資というのは充分に考慮に値するものです。
では投資物件としてのアパートにはどのような条件が必要でしょうか。
何よりも入居者が集まりやすいことが大切ですので、駅などの公共交通機関やスーパーや銀行、学校などに近いかどうかなどの利便性をチェックする必要があります。
また、プライバシーや災害への備えを重視する向きも出てきています。

投資物件の資産価値減少に注意しましょう

せっかく大切なお金を投資するのですから、長く収益を確保できる投資物件を選びたいところです。
これは最初の投資物件選びの条件と同じ項目が当てはまりますが、まず周辺環境をよく調べる必要があります。
駅に近いということは、通勤や通学に便利であるだけでなく、今後高齢化が更に進んだ時に、公共交通機関を利用して病院などに行かなければいけない高齢者にとっても大切にしたいポイントなのです。
また、日用品の買い物ができる場所に近いというのも外せないポイントです。
こうした投資物件は、誰もが注目するため、概して投資額も大きくなりがちなのが難点ですが、まだまだ掘り出し物の物件はたくさんありますので、こまめに不動産屋さんを回るなどして、自分の目で投資物件としてのアパートを確認されることをお勧めします。