分析の会議

比較とは

リニューアル工事

マンションの築年数による老朽化が空室の原因の一つである場合、空室対策として賃料の引き下げではなく、大規模なリニューアル工事を実施することもあります。
耐震工事を追加で実施することもありますし、壁面や廊下やエントランスなどをリニューアルして新築の時のように美しい外観にすることもあります。
見た目が美しくリニューアル工事を実施したことをアピールすることによって入居者を確保できる場合もあります。
リニューアル工事には資金もかかりますので、空室がある状況での実施は資金面で難しい場合もありますが、リニューアル工事によって入居者が増加すれば工事代金を早期に回収できる可能性があります。
見た目も重要ですが、空調や給排水、電気系統などのメンテナンス工事も重要です。
実際に居住しているとこのような機能面を重視するのは当然のことです。
メンテナンスやリニューアルに資金を投下することによって建物のグレードを保つことができるのであって、それを怠っている建物は敬遠される結果になります。
マンションの空室対策としては、賃料の引き下げと建物のリニューアルの両面が重要になりますが、丁寧なリニューアルを実施すれば賃料を大きく下げなくても空室は解消されます。

マンション経営の注意点

現金資産や所有している不動産について、当面の利用目的がない場合には、積極的に運用することが考えられます。
現金については預貯金によって利子収入を期待するという選択肢もあるのですが、現在のような金利状況では、現実的には満足の得られる利子収入を期待することは出来ません。
また、不動産については、土地などの場合、土地そのものが経年劣化してしまうということはありませんが、所有しているだけで課税の対象になるので、そのままでは納税の形で資産を持ち出す一方です。
不動産については、売却のような形で処分して現金化することもできますが、所有を維持しながら収益を得る方法として、賃貸マンションの経営などの運用方法があります。
しかし、このような運用方法では、賃貸収入を期待することになるので、入居者が集まらなければ収入を得ることができません。
一定の大きさの建造物を維持するには、それなりの費用がかかりますし、定期的な補修や、いずれは建て替えなどの大規模な工事が必要になり、これにも多額の費用がかかります。
これらの費用を賃貸収入からまかなうためには、一定割合の入居者が必要となり、そのための空室対策が重要になるのです。